貸金業法の改正について

カードローンは大きくわけて3つの種類があります。1つ目は三大メガバンクや信託銀行、地方銀行、ネット銀行などの銀行と、農林中金や信用金庫などの共同組織金融機関が発行している銀行カードローンです。2つ目は信販会社やクレジット会社が発行している信販系カードローン、3つ目は消費者金融会社が発行している銀行系カードローンです。

審査基準は銀行カードローンが一番厳しく、信販系カードローン、銀行系カードローンの順で審査はやや甘く成ります。金利も上記の順で銀行カードローンが最も低金利で信販系カードローン、銀行系カードローンの順に高く成ります。また2010年6月に施行された改正貸金業法により、信販系カードローンと銀行系カードローンの合計額が年収の1/3を越えることは出来なく成りました。そこでカードローンを選ぶポイントは、まず総量規制対象外の銀行カードローンを優先して選択することがポイントとなります。

銀行カードローンは比較的低金利なことと、給与振り込み口座や住宅ローン契約をお持ちの銀行は優遇金利を適用してくれる場合があるからです。またその場合、審査がスピーデイーに行われる場合もあります。

人気のカードローン総合ランキング

アコム
最短30分のスピード審査
アコムの最大の魅力は最短30分のスピード審査と当日14時までに契約が完了すれば即日融資が可能というスピード重視のサービスです。
これだけスピード感がある消費者金融は、他にないので即日融資を希望であれば、アコムは外せない消費者金融になります。
プロミス
即日審査で審査は最短30分で完了
借入は、ネットで24時間申込可能のため、申し込みから契約まで全ての手続きをWEB上で完結することができます。もちろん来店不要です。証明書は原則不要
アイフル
最短30分の即日審査。
審査スピードが早く、最短30分で審査が完了しますので、即日融資も可能な消費者金融になります。
ネットで完結!来店不要!

モビット

10秒簡易審査

融資可能か即診断、10秒簡易審査が可能。契約手続きはネットで完了、来店不要です。平日の9:00~14:50までに全ての手続きが完了していれば、 当日融資が可能

融資残高、口座数ともにNO.1

アコムのカードローン

3秒診断で借入可能かスグわかる

融資残高、口座数とも全カードローンの中でNo.1。三菱UFJフィナンシャル・グループだから安心が魅力。

業界No1の低金利

楽天銀行

300万円以下の借入は、収入証明不要

楽天銀行スーパーローンは、原則300万円以下のカードローン申し込みについては、収入証明は不要です。


【キャッシング調査アンケート】
調査企画・担当者 株式会社ナウビレッジ 担当:日高
調査目的 キャッシングの実態と動向を明らかにすることを目的とした調査
調査方法 インターネットリサーチ 当社が運営するサイトにて回答モニターを募集
調査対象地域 日本国内
母集団 カードローンを検討・利用したことがあるユーザー
調査対象者 会員回答モニター (有効回答数300人 男性190人 女性110人)
調査実施時期 2013年2月2日~2013年2月28日

キャッシング調査アンケート結果はこちら





今すぐお金を借りたい方へ!即日キャッシングガイド
http://imasugu-okane21.com/